Home » 大田区

大田区

防犯カメラ設置で安心を守る

東京都大田区では、実に様々な防犯対策が行われています
その中の一つが、防犯カメラの設置です。

大田区の防犯カメラ導入の際には、設置する費用の一部が負担してもらえるため、積極的に設置を行う地域が増えています。
商店街や道路、地域団体など、数多くの団体が対象となっており、防犯カメラを設置することで、治安も改善する効果が期待できるでしょう。

負担される費用は、設置団体によって異なりますが、多い場合ですと、総額900万円の設置費用、三分の二を負担してもらうことが出来るでしょう。
地域の安全のため、犯罪抑止力の高い防犯カメラの導入は非常に大切です。
地域住民で相談をして、防犯カメラ導入を行う団体は、増加傾向にあるといえるでしょう。

区民安全安心メールサービスの導入

大田区では、地域住民に安心して暮らしてもらえるように、区民安全安心メールサービスを導入しています。
このメールでは、様々な防災情報、災害情報などをメールで細かくチェックすることが出来るため、万が一の際に、いち早く情報をキャッチすることが出来るでしょう。

例えば、震度3以上の地震が発生した際に連絡が来る、地震情報や、多摩川の水位情報を知ることが出来る、水防情報、防災無線の放送内容や、防災情報、気象情報をチェックできます。
また、最も活用したいのが、防犯情報です。
不審者が表れた際に、不審者の特徴が書かれたメール、どのような事件があったのかなどが細かく記入されたメールが届きます。
不審者の確保、不審者の目撃情報に繋がるケースが多く、地域の安全、ひいては、子供たちの安全を守るために、一躍買っているといえるでしょう。

メールの内容は、受信内容を選ぶことが可能です。
例えば、防犯情報だけをほしいという場合は、その他の情報のチェックを外せば他の情報は入ってきませんので、自分なりにカスタマイズすることが出来るでしょう。

地域防犯パトロールの強化で治安改善

大田区では、地域住民による定期的な防犯パトロールが行われています。
防犯パトロールによって地域の治安が改善し、お子さんの安全や、女性の安全を守っているといえるでしょう。

防犯パトロールは、自発的に地域住民が行っていることがほとんどですので、地域によって、パトロール時間が異なります。
朝の通学ラッシュを守るパトロール隊、夕方の帰宅ラッシュを守るパトロール隊、夜の治安を守るパトロール隊など、いくつか種類があるでしょう。

老若男女問わずに自発的に行っている場合もあれば、地域住民が当番制でパトロールをしている場合もあります。
地域によって少しずつ異なりますので、参加をしたい場合は、お住いの地域の情報を調べてみましょう。

Name of author

Name: SLsec7uK