Home » 犯罪情報マップ

犯罪情報マップ

犯罪情報が一目でわかる 犯罪情報マップ

地域で発生した犯罪情報が一目でわかるのが、犯罪情報マップです。
犯罪情報マップは、どのような犯罪が発生したのか、どんな不審者だったのか、どの場所で、どの時間帯に起きたのかなど、犯罪情報を細かく知ることが可能です。
警視庁のホームページによる情報ですので、非常に信ぴょう性が高く、貴重なデータであるといえるでしょう。

犯罪情報マップでは主に、女性や子供に対する声かけ事案をはじめ、ひったくりや盗難、空き巣、強盗、恐喝、痴漢、露出狂など様々なタイプの犯罪情報が掲載されます。
いずれも、個人宅の住所が掲載されることはありませんが、おおよその細かい情報を知ることが出来ますので、犯罪に警戒をするためには欠かせないといえるでしょう。

スマートフォンで閲覧も可能

警視庁のホームページで閲覧をすることが出来る犯罪情報マップですが、スマートフォンなどの、ケータイ端末でも閲覧が可能です。
スマートフォン専用画面など、より見やすく、より活用しやすい配慮が行われていますので、出先でチェックをすることも出来るでしょう。

また、過去の犯罪情報を遡ってみることが出来る機能も導入されていますので、パトロールを行う際などにも活用することが可能です。
過去の犯罪発生状況と比較をして、パトロールする地域を決めることが出来るでしょう。

非常に見やすくわかりやすいレイアウト

地図というとモノクロなイメージがある方も多いかと思いますが、犯罪情報マップは、一目で情報がわかるように、カラーで見やすい作りになっています。
その為、お子様でも非常にわかりやすく、危険な場所、犯罪が起きやすい場所をチェックすることが出来るでしょう。

ご家庭によっては、お子様と一緒に犯罪情報マップをチェックして、どんなところが危ないのかを事前に確認しているご家庭もあります。
利用は無料ですので、気軽に使えることも魅力でしょう。

安心安全な街作りに欠かせないアイテム

地域住民によるパトロールが行われることが近年増えています。
その時にも、この犯罪情報マップは活躍するでしょう。

犯罪が増加している傾向のある周辺を、集中的にパトロールしたり、過去の履歴を見て、犯罪が起きやすい場所の傾向を調べてみたり、何かと役に立ちます。
犯罪を抑止するための計画を立てやすくもなる、非常に便利なツールだといえるでしょう。

地域に合わせて犯罪情報を細かく見ることが出来ますので、地域にどのよう犯罪が多いのか、どんな人が巻き込まれやすいのかもチェックが可能です。
犯罪に巻き込まれやすい対象者を守るためにも、パトロールの時間帯、パトロールの方法を見直すことが出来るでしょう。

Name of author

Name: SLsec7uK